習志野台美術研究所について

概要 当研究所は、千葉県船橋市習志野台で発足した児童画・一般絵画の研究と指導を続けるアートスクールです。

昭和47年に洋画家木村武司が結成した京都児童自由画連盟を前身とし、現在は千葉県印西市へ事務所を移転しています。

県内各地で児童絵画教室・一般絵画教室を展開し、美術サークル指導等も行っています。

「絵に興味はあれどちゃんと習ったこともない、何から始めればいいのかわからない」という初心者の方から、「絵を今まで描いてきたけど、本格的に勉強してさらにレベルを上げたい」という方まで、年齢・レベル共に多様な方々が絵画を楽しんでいます。
有)アトリエキムラ 習志野台美術研究所こどもアトリエ
事務所 千葉県 印西市高花4-3-4-102 〒270-1342
メールアドレス kodomo_atelier@yahoo.co.jp
電話番号 0476-46-8311
電話対応時間 09:00 ~ 20:00
沿革 【昭和27年】
洋画家木村武司が京都児童自由画連盟を結成。
児童画の研究と指導を始める。

【昭和47年】
《クレヨンの会》の名称で千葉県内において本格的な児童絵画教室として6教室を開設。

【昭和50年】
第1回海外スケッチ旅行(サイパン)

【昭和51年】
アメリカ・サンディエゴ市のケイト小学校と児童画交換展開催。

【昭和55年】
児童造形美術家協会発足。
木村武司・小川ひろ子両名が協会理事として運営に携わる。

【昭和56年】
市川大野教室開設。

【昭和57年】
省エネをテーマに描いた絵とともにこども達がテレビ出演。(テレビ東京)

【昭和58年】
津田沼パルコにてちびっ子省エネ展開催。NHK他、新聞社等の取材を受ける。

【昭和59年】
つくば万博をテーマにした未来空想画で教室に取材を受ける。(テレビ東京)

【昭和61年】
名称を《習志野台美術研究所・こどもアトリエ》に改称

【平成 5年】
千葉ニュータウン教室開設。

【平成22年】
千葉ニュータウン第2教室開設。

【平成24年】
ジョイフル2カルチャー教室開設。

【平成24年】
全国のお絵かき教室のこども達が“きずな”をテーマに描く、「きずなアートフェス・こどもきずな絵画展」に出展。東京ドームシティにこどもたちの作品が展示される。
道順
ランチタイム
ラストオーダー
定休日
クレジットカード 利用不可
禁煙席
駐車場
平均予算 -
設備・サービス
その他 こちらの住所は事務所となります。お教室ではありませんのでご注意ください。